個人差が出る30代男の髪問題

髪の毛は、大人の男性にとって切実な悩みのひとつですよね。30代以上の男性なら、髪の毛で何かしらの問題を抱えているのが普通。今と若い頃の自分の髪を比べて何も感じない男性の方が稀ですよね。

それは、当たり前なのかもしれません。年齢とともに髪の毛が減っていくことはよく言われています。身近にいる人も同じように歳を重ね、男性の多くは髪のボリュームがなくなり、昔と髪型が変わってきています。

そんな現実を目の当たりにしたら、誰もが悩んでしまいます。将来どうなるんだろうか?

みんな同じように薄くなっていくならば、仕方がないと諦めもつきますが、人によって個人差があるからこそ余計に悩みます。

悩む部位もそれぞれですよね。

一番目立つのが前髪。額の生え際が後退してきて、おでこが広くなったと感じている30代は多いことでしょう。無趣味男は、若い頃よりも前髪が長くなりました。生えてきたという意味じゃありませんよ。

前髪を流す髪型にしているので、髪をカットしてもらう際に、『眉毛の辺りで切ってください』とお願いします。昔よりおでこが広くなっているので、髪の毛が長くなっているのです。

昔はバサバサ切られていたんですけどね。おでこが狭かったのと少しクセっ毛なので、美容師さんも思いきりよく切っていました。カット後は、『結構切ったよ』と笑って終わるのがお決まりでした。

いつからかは憶えていませんが、大人になってからはなくなりました。ボリュームがなくなった前髪は、軽く切られる程度に。不要なクセっ毛は今も健在しています。

上や後ろから目立つのが頭頂部。頭頂部は、無趣味男が髪のケアを始めようと思ったキッカケです。気にしすぎて、後ろに誰かが立つのが嫌な時期がありました。

他人のことでも気を遣いますよね。前から見ていると分からないので、ふとした瞬間に気づいてビックリすることがあります。初対面の人とお話をしている時に気づくと困ります。頭を下げたときに頭頂部をみてしまい、心の中で『この人薄いな』と思うと、その後の会話に集中できません。

薄毛を隠さずネタにしている人なら笑い話になりますが、大抵の人は触れて欲しくない部分。無趣味男も後者です。

最近悩んでいるのは、サザエさんの波平さんのような状態になるまで、あとどれくらいの時間があるのだろうかということ。

家系的に多いので、近い将来にやってくるのかと不安になります。日曜の夕方にサザエさんを観て、髪のケアはしっかりしようと違う気持ちでみてしまう30代の男性。世の中に意外と多いんだろうな。

できることならフサフサでいたいですよね。

育毛剤で気になっているイクオスを購入しようか悩んでいる今日この頃です。