30代の男性で生え際が後退してきたら考えること

30代になって生え際が気になってきた。
後退してきたのか?昔はもっと前じゃなかったか?
自分の額ってこんなに大きかったか・・・。

短髪よりも前髪を下ろしてる髪型の男性に多くみられる傾向です。特に、お祖父さんやお父さんの髪の遺伝を気にする30代男性にとっては切実な悩みですよね。無趣味男も薄毛が多い家系なので、お気持ちは痛いほど良く分かります。

生え際は鏡ですぐ確認しやすいので、一度気になると髪をあげて額をチェックしがちです。額にかゆみを感じることがあったり、抜け毛が増えた気がしたりと、気になる兆候も30代になるとでてきます。M字ハゲになってきたかもと、不安になることもありますよね。

M字ハゲというと、ドラゴンボール世代の我々30代にはベジータの存在も大きいです。学生時代、先生や大人の男性のことをベジータとあだ名を付けたことありませんか。M字ハゲがどういう姿なのかを小さい時から知っています。

まずは現実を受け入れましょう!!

本当に後退してきたのかを客観的に確認する必要があります。今までは、自分の額部分を気にせずに生活をしていたと思います。今のところ「後退してきたかも」と曖昧な状態です。

生え際が後退している気がするけど、髪で隠しておけば良いなんて考えはやめましょうね。前髪が異様に長くて、違和感がある男性をたまに見かけませんか?

隠そうとすることで、逆に目立ってしまうことがあります。

後退しているかは、自分で確認することができます。毎日、『眉毛の上から額の生え際まで』の長さを調べてください。写真も撮っておくと良いでしょう。

薄毛を信じたくないのは誰しもが同じです。客観的に分かる証拠で、今の自分の状態を把握してください。

30代は髪が薄いというイメージが、小さい時から無意識に植えつけられています。オジサンと呼ばれるのは30歳を過ぎたあたりから。身近にいたオジサン達の姿を想像すると薄毛の人が多い。これを自分に当てはめて神経質になっている可能性もあります。

時間がかかる方法ではなく、今すぐどうにかしたい。早急に判断したいという方は、AGAクリニックや皮膚科を受診をしてください。専門家に判断を仰ぎましょう。

髪のケアも忘れずに。使っているシャンプーの見直し、頭皮のマッサージ、生活改善など、自分でやれることはあります。育毛剤が有名なイクオスのサイトをみると勉強になると思いますよ。

「睡眠時間の確保、髪のケア、ストレスを溜めすぎない」の3つは、これを機会に改めて考えるべきでしょう。無趣味男も最近気をつけています。