円形脱毛症は男性特有のAGAとは違う

円形脱毛症は前触れもなく突然やってきます。円形脱毛症を経験したことのある方なら共感していただけるでしょうが、本当につらいですよね。

後頭部にできやすいので、周りに教えてもらって初めて存在を知ることが多いものです。本当は教えてくれたことに感謝しなくてはいけないところですが、恥ずかしさとショックが大きすぎてそれどころではなくなります。

寝癖かなと思ってヘアスタイルを整えても、やはりソノ部分だけ髪の毛がない。場所によっては、髪で隠してもいつの間にか地肌が見えてしまう。ひどいときは数分おきに鏡でチェックしてしまいがちになります。

そこで注意したいのは、AGA(男性型脱毛症)とは同じ薄毛の悩みでも種類が違うことです。別物と考えましょう。円形脱毛症とAGAを混同すると、無駄なことをして悲惨なことになりかねないので気をつけてくださいね。

30歳以上の男性ならば、「AGA」というキーワードをネットで一度は調べたことがあるのではないでしょうか。額の生え際や頭頂部が薄くなる、大人の男性によくみられる髪が薄くなる状態のことを指しますが、コチラは少しずつ進行していきます。

円形脱毛症は、老若男女問わず、誰にでも起こる可能性があります。突発的に一部分だけ抜けている状態なので、1箇所だけの場合は、何ヶ月かしたら自然に治っていることが多いと言われます。AGAと同じように考え、治療に高いお金をかける必要がないかもしれません。

不安な気持ちは痛いほど分かりますが、お金をかける時は落ち着いて冷静に判断しましょう。一番良いのは、皮膚科で先生に一度診察を受けることです。診断結果をもとに、今後の治療方法も提案してもらえます。

軽い症状の場合は、おそらく以下のアドバイスを受けるはずです。

  • 食生活の見直し
  • 規則正しい生活
  • ストレスをためない

円形脱毛症の原因として有名なのがストレス。分かっていはいるけど、ストレスをためないのは本当に難しいですよね。

素人が言うので説得力はありませんが、睡眠だけはしっかりとってください。睡眠不足がストレスの原因になっているかもしれません。なかなか寝つけない方は、散歩やウォーキングなどの軽い運動をすると寝やすいです。

あとは本を読むこと。普段スマホ依存の人間なので、静かな空間で活字を読んでいると眠たくなりました。

円形脱毛症が原因で、人の目が気になりストレスも余計にたまりやすくなると思います。

気にしすぎて触ってしまうならば、美容師さんに相談して髪形を変えたり、帽子などで隠してしまうのも一時的にはありだと思います。

個人的な意見ばかりだったので、あまり参考にはならなかったかもしれませんが、これだけは言えます。悩んでいるなら、まずは皮膚科を受診してください。きっと少しは楽になるはずです。

<関連記事>
円形脱毛症で散髪する時の心構え
後頭部を自分で確認したいときは鏡を2つ用意する
髪の悩みは男性で30代なら色々