後ろからの視線が気になる男性は髪に悩みがある

30代以上の男性が、他人の視線が気になる時に多いのが髪の毛問題。この男、髪薄いなと思われていないか不安ですよね。特に後ろからの視線が気になりますよね。自分では確認しづらいため、神経質になりがちです。

私自身もつむじが大きくなったと感じていた時に、後ろに人が立つのがすごく嫌でした。当時を振り返ると過敏になりすぎていたなと。最近なんかスースーするなと2つの鏡を利用して自分のつむじ部分をみて愕然。

『こんなに大きかったか?』

気づいてからは毎朝出かける前に必ずチェックしていました。つむじを小さくみせるために、髪をセットするのに時間をかけすぎて遅刻しそうになったことも多かったぐらいです。

忙しい朝の一分一秒は貴重ですが、髪のことはそれ以上の問題。セットが決まらない時は一日中ソワソワして過ごしていました。自意識過剰と言われればそれまでですが、本人にとっては深刻な問題です。

周りからの視線が頭部に集まっていないか、陰で薄いと言われていないか、笑い声が聞こえたら自分のことかなど、ネガティブな感情で生活をしていました。被害妄想から話しかけられても不機嫌。他人からしたらいい迷惑ですよね。

ここまでひどくはなくても、30代以上の男性なら多くの方に共感していただけるのが髪の悩みだと思います。髪の悩みは20代の男性でも多いですからね。

30代の男あるあるをひとつ。
「初めて育毛剤を買うときに緊張する。」

どれが良いのかも分からないし、そもそも効くのかも疑問。お店で買うのは恥ずかしいのでインターネットで探して、結構な値段がすることにビックリしながらも買ってみる。

育毛剤のほかにも、シャンプーを変えたり、髪に良い食べ物と言われるワカメや海苔などの海藻をすごく食べたり、どうにかならないか色々考えた経験があるのではないでしょうか。

隠そうとしても防ぎきれないことに気づくんですよね。

朝に髪をセットしたからといって油断大敵。急に雨が降ってくる場合もあります。ビシャビシャに濡れると、苦労して時間をかけてセットした髪も残念なことに。朝の天気予報ではそんなこと言ってなかっただろうと怒ってもどうしようもなく、そのまま帰りたくなります。

仕事中などの勝手が許されない時は、最悪な状態でも過ごさなければなりません。結局、ネガティブな感情に戻ってしまいます。意識しないと全く気にならないんですけどね。髪のことを忘れているとそんな感情にはなりません。

後ろからの視線が気になる男性には、「気にする必要がない人」と「対策が必要な人」の2パターンが考えられます。

前者の方は、必要以上に考えすぎないでください。気にしすぎると精神病になる場合もあります。他人は何とも思っていなく、自意識過剰になっている人が意外と多いとのことです。

後者の方は、頑張りましょう。当サイトでも髪の毛の悩みを助ける記事を書いているので参考にしてください。

自分がどちらか分からないという人は、思い切って他人に聞いてみるのもひとつです。聞く相手としては、嘘がつけない人を選ぶと真実が分かるはずです。

<関連記事>
30代の男性におすすめの育毛剤
後頭部を自分で確認したいときは鏡を2つ用意する
髪の悩みは男性で30代なら色々