エイジングケアが30代男性の髪にも必要

世の多くの30代男性は髪のエイジングケアをしていることでしょう。まだ始めていないという方もエイジングケアの検討は既にしているはずです。

冒頭から何を言っているのという感じになりましたか?

男性にとって、『エイジングケア』という言葉は馴染みがないですよね。女性用化粧品で良く使用されている言葉ですが、意味を調べてみると男性にも関係することだったので、ここでのテーマにしました。

エイジングケアを日本語にすると、『加齢のお手入れ』や『年齢に応じたケア』という意味になります。日本語にすると自分にも関係があると思いますよね。

30代ならば髪のケアが必要と感じているはず。何もしないと薄毛になっていく不安に駆られ、効果のある育毛剤や薬用シャンプーを調べます。少なくとも周りにいる無趣味男を含めた同年代の男性はそうです。

カタカナにすると響きが良いのですが伝わらない言葉が多いですよね。ボンヤリと何に役立つかが分かるぐらい。本当はもうひとつの言葉が先に思い浮かんだのですが、まだエイジングケアの方が分かりやすかったので選びました。

もうひとつは、育毛に良いシャンプーを探していると時々みかける『オーガニックシャンプー』のことです。そのまま日本語にすると『有機栽培のシャンプー』という意味・・・。なんだかさっぱりですね。

有機栽培は、化学肥料や農薬を使用せずに栽培する方法のことだから、化学成分を使用していないシャンプーのこと?なんていちいち考えていると、すぐ忘れてしまいそうなのでエイジングケアにしました。

販売する側も試行錯誤しながら、消費者に響く言葉を考えていることに尊敬します。

「加齢のお手入れしませんか?」、「有機栽培のシャンプーを使用しませんか?」と言われても、ちょっと格好悪いですよね。進んでやってみようという気にはなりません。

無趣味男が知らなかっただけで、エイジング・オーガニックが付いた商品が世の中にはたくさん出回っていました。

女性用のエイジングケアシャンプーやオーガニック野菜など、ちょっと調べると様々な分野で使用されているので、興味のある方は調べてみてください。暇つぶしにはなると思いますよ。次はどんな新しい言葉が出てくるのか楽しみです。

結局、何を伝えたかったかというと、言葉に惑わされずに内容を確認することが大事ということです。なんとなく効果が期待できそうだからで購入すると後悔します。

これは髪のケアだけでなく、日々の生活でモノを買うときにも言えることです。誰かの役に立つ商品だから世に出ているはずですが、それが自分に当てはまるとは限りません。お互い気をつけましょうね。そして髪のエイジングケアをお互い頑張りましょう!

<関連記事>
個人差が出る30代男の髪問題
30代の男性で生え際が後退してきたら考えること
髪の悩みは男性で30代なら色々