栃木を男一人旅するなら宇都宮へ

男一人で栃木県に行くなら、無趣味男のオススメは餃子を食べ歩く一人旅。栃木の県庁所在地である宇都宮市は、餃子の街として有名ですね。新幹線や在来線が停車する宇都宮駅前には「餃子像」があります。

餃子像

夜に宇都宮に着いた場合は、駅周辺がお店も多くて便利です。宇都宮駅ビルのパセオには、餃子を食べられるお店、色々なお店の冷凍生餃子が揃っている宇都宮餃子おみやげ専門店があります。

お土産を買う際に駅ビルは重宝しますよね。時間がないときや買い忘れたモノがあったときにいつも助けてもらっています。

ランチに餃子の食べ歩きをするならば、「来らっせ本店」がおすすめ。宇都宮餃子会加盟店のメニューを日替わりで食べることができます。混んでいる可能性が高いので、少し時間をずらしていくことを検討してください。

サッカー観戦が好きな方は、栃木SCのJリーグホーム試合に合わせて一人旅。サッカーの試合がある日は、宇都宮駅東口から栃木県グリーンスタジアム(栃木SCのホームスタジアム)へ無料シャトルバスがでています。詳細はクラブのホームページをご覧ください。

栃木県グリーンスタジアム

スタジアムグルメに宇都宮餃子が登場します。餃子店が出店されない場合も他のスタジアムグルメを堪能することが可能。フードコートを食べ歩きしたら、サッカーを楽しみましょう。

一人ドライブ旅行をするなら、東北自動車道の宇都宮ICすぐ近くに「宇都宮餃子館」があります。ニンニクが苦手な人でも食べられる舞ちゃん餃子、逆にニンニク大好きな人のためのニンニク餃子もあります。

初めての方は、焼き・蒸し・揚げが食べられる餃子セットや12種食べ比べセットを頼むと、宇都宮ご当地グルメを満喫できると思います。

宇都宮餃子

注意点は観光バスもランチに訪れます。タイミングが悪いと大勢の人で賑わっていて、食べるまでに時間がかかります。待っている間にお土産を選ぶのも良いかもしれません。

餃子村

宇都宮餃子は種類が豊富。定番の具材以外にも、食べるまで味が想像できない珍しい餃子を提供しているお店もあります。一例を挙げると、チョコレートやヨーグルト。自分好みの餃子を食べ歩きで見つけてください。

宇都宮市の餃子年間支出金額は、長い間日本一を死守していましたが、最近では静岡県の浜松市と競い合っています。

強力なライバルがいるからこそ、切磋琢磨をして成長していける。無趣味男にライバルはいません。だからいつも怠けています。頑張れないオッサンの言い訳ですね。

<関連記事>
一人旅を安く済ませるコツ
新幹線での一人旅にオススメの方法
宇都宮駅への一人での行き方