宇都宮駅への一人での行き方

一人で栃木県へ新幹線・飛行機を利用しての行き方です。栃木旅行の拠点になる宇都宮駅へのアクセスを中心に書いているので、遠方から初めて行く方は参考にしてください。一人でも旅行料金が安くなる方法も合わせて紹介しています。

新幹線での行き方

宇都宮駅には新幹線が停車するので、到着してすぐに駅ビルや近隣の飲食店で名物の餃子を食べることができますよ。

東京・中部・関西・東北・北海道の主要駅から、宇都宮駅までの所要時間は以下の通りです。

  • 東京駅からは約50分
  • 名古屋駅からは約2時間45分
  • 新大阪駅からは約3時間35分
  • 仙台駅からは約1時間15分
  • 新函館北斗駅からは約4時間10分

※所要時間は目安です。乗る新幹線によって停車する駅の数や乗継時間が異なり、所要時間が変動するのでご注意ください。

宇都宮駅の駅弁情報を少し。

おすすめは「とちぎ霧降高原牛めし」です。名前の通り、とちぎ霧降高原牛がメインですが、まるごと1個入った煮玉子も美味しいです。かんぴょう、湯葉も入っていました。

駅弁の発祥地は、宇都宮駅が有力ということをご存知でしょうか?

当時の駅弁を現代風に作った「大人の休日~駅弁発祥地より~車辨當」という駅弁も販売されています。発祥地と断定できないのは、他の地域の説もあるからです。今ほど日本各地の情報が簡単に入手できる時代ではなかったので仕方がないですよね。小ネタでした。

新幹線の料金を安くしたいなら、新幹線+宿泊セットを利用すると特別割引料金で乗ることができますよ。

<関連記事>
新幹線での一人旅にオススメの方法

飛行機での行き方

栃木には空港がないので、最寄りの空港から行くことになります。多くの方が利用しやすいのは、全国各地から直行便が出ている「羽田空港」だと思います。

羽田空港からは、電車を何本か乗り継いで宇都宮駅に行くことも可能ですが、人も多く大変なので、方向音痴の私ならバスを選択します。

マロニエ号(事前予約制)で行くと片道3,600円。JR宇都宮駅西口までは約2時間45分で行くことができます。羽田空港行だけでなく成田空港行きもあるので、帰りに乗るときは気をつけてくださいね。

もしくは、「茨城空港」を利用。水戸駅までバスで移動後、北関東ライナー宇都宮線(高速バス)で宇都宮駅へ。

茨城空港への直行便が出ている空港は、神戸・福岡・那覇・新千歳(札幌)と少ないですが、スカイマーク便なので安く行くことができます。スカイマークの便+宿泊先をまとめて予約することもできますよ。
【参考記事】飛行機での一人旅にお得な3つのパック

茨城空港からJR水戸駅までの所要時間は約40分で片道1,030円。水戸駅南口からJR宇都宮駅西口までの運賃は片道1,550円、所要時間は約1時間45分です。

車の運転に慣れている方は、レンタカーを借りて北関東を旅行するのも面白いと思いますよ。宇都宮駅周辺だけの観光なら必要はありませんが、色々な場所をみてまわるならば車での移動の方が便利だなと、個人の旅では痛感しました。