埼玉を男一人旅するなら電車に乗る

男一人で埼玉県に行くなら、無趣味男のオススメは電車に乗って一人旅をする。いつも満員電車に乗っていて、休みまで同じ電車に乗りたくないと考える人もいると思うので、少し変わった場所を選びました。

ランチには東松山駅。ディナーには深谷駅を目的地に一人旅をしてみてはいかがでしょうか。それぞれ美味しい食べ物が待っていますよ。

まずは、東松山で昼食。東松山駅を目指しましょう。

東松山駅

名物に「東松山やきとり」があります。焼き鳥といえば鶏肉が一般的ですが、東松山では豚のカシラ肉。辛味のあるみそだれをつけて、やきとりを食べるのが主流です。

東松山やきとり

豚のやきとりは、ご飯と合います。ご飯のうえに、みそだれを乗せて食べても美味しいですよ。

知らない土地を歩くのが好きなので、食後は駅周辺を散策してみました。駅近くにコインパーキングも多いので、電車が嫌なら車でも行けます。

ゆっくり散歩を終えたら、深谷駅へ。

東松山から深谷には、電車一本では行けません。バスに乗って熊谷駅まで行き、JR高崎線で深谷駅を目指すと乗り換えが1回。電車で行くなら、東武東上線と秩父鉄道、JR高崎線を利用して深谷駅に行くことができます。

深谷駅は、外観が東京駅に似ていることから『ミニ東京駅』とも呼ばれています。

深谷駅

特産に「深谷ねぎ」があります。かわいいゆるキャラの『ふっかちゃん』がいることでも有名。角が特徴的ですよね。

普段と違うルートを移動してきたので、頭を使ったり体を動かして、お腹も空いているはず。夕食には郷土料理の「煮ぼうとう」をガッツリ食べましょう。埼玉県はうどん県として、最近認知されるようになってきました。

煮ぼうとう

煮ぼうとうの味付けは醤油。幅広の麺と特産の深谷ねぎなどの野菜が、鍋にたっぷり入っていて食べ応えがあります。

煮ぼうとう、串カツ、ご飯を食べれば男でもお腹がいっぱいになります。串カツの中身はお肉ともちろん深谷ねぎです。

一日動いて疲れたと思うので、ゆっくりお休みください。宿泊先をみつけて、翌日はまた違った場所に電車で向かうのも面白いですね。

東松山と深谷にお住まいの男性には、リフレッシュできない一人旅の提案となってしまったかもしれません。申し訳ございません。

場所を変えて、このような旅の計画を立てることは簡単です。自分が普段利用しない移動手段で、一人旅に出かけてみてください。

三日間ともなると大変ですが、一泊二日ぐらいだと楽しみながら作成できると思います。コツはスケジュールをあまり詰め込みすぎないことです。旅にはハプニングもつきものです。無趣味男は美味しいものを食べ過ぎて、よくトイレに駆け込みます。

遠方から埼玉に訪れるならば、新幹線が停車する大宮駅を拠点にするとアクセスに便利です。

<関連記事>
一人旅を安く済ませるコツ
新幹線での一人旅にオススメの方法
大宮へ新幹線・飛行機で一人でもお得に行く