広島を男一人旅して日本を知る

男一人で広島県に行くなら、無趣味男のオススメは旅をしながら日本を知る。宮島にある嚴島(いつくしま)神社、広島市にある広島平和記念資料館へは、日本のことを知るためにも是非行って欲しい場所です。

海の中に建つ朱色の大鳥居がシンボルの嚴島神社は、平安時代からの長い歴史があります。世界遺産にも登録されているので、行ったことはなくてもテレビや雑誌でみたことがある方がほどんどでしょう。

日本三景の宮島には、宮島口からフェリーで行きます。だいたい10分ぐらいで宮島に着きます。

宮島行き乗り場

フェリーは2種類あるのでご注意を。写真左側の宮島ゆき直行便と書いてあるのが「宮島松大汽船」の乗り場。右側には「JR西日本宮島フェリー」の乗り場があります。

どちらでも宮島に行けますが、写真を撮るなら「JR西日本宮島フェリー」。大鳥居の近くを通り、正面で嚴島神社を写真に収めることができます。通るのは9:10~16:10に運航している大鳥居便です。

JR西日本宮島フェリーからの風景

宮島に着いてからは、現地でのお楽しみとういうことで写真は控えさせていただきます。土日や祝日は多くの人で混みあっています。パワースポットには海外からの観光客も訪れるので平日も油断はできません。

宮島名物はもみじ饅頭。「こしあん」と「つぶあん」だけでなく種類が豊富なことには驚きました。チョコレート・カスタード・抹茶・広島特産のみかんやレモン、大きなもみじ饅頭もあります。

宮島口駅周辺では、広島名物を買うことができますよ。

宮島口で買える広島名物

駅の売店で購入した、因島のはっさくゼリー・もみじ饅頭・宮島ビール。駅近くのお店では、あなごめしをテイクアウトできます。お店で食べることももちろん可能です。

宮島の穴子飯

宮島を満喫したら、宮島口から広島電鉄に乗って「原爆ドーム前」まで行ってください。少し歩くと平和記念公園に着きます。公園内に「広島平和記念資料館」があります。

原爆ドーム

広島は1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、世界で初めて原子爆弾による被害を受けた場所です。広島平和記念資料館には、核兵器のない平和な社会を実現することを願い、写真や資料が展示されています。大人は200円で見学することができます。

無趣味男は30歳のときに初めて行きました。そこには目を背けてはいけない現実があり、大人になった今だからこそ考えることがあります。館内では外国人の団体さんが真剣な表情でまわっていました。

平和記念公園には、平和の鐘や原爆死没者慰霊碑などもあります。是非ゆっくり時間をかけてまわってください。広島旅行後は、日々の生活に感謝するようになるはずです。

<関連記事>
一人旅を安く済ませるコツ
広島旅行を格安一人旅にするには
新幹線での一人旅にオススメの方法