徳島へ新幹線・飛行機での行き方

徳島県へ新幹線・飛行機を利用しての行き方です。徳島旅行の拠点になる徳島駅、人気観光地の鳴門公園へのアクセスを中心に書いているので、遠方から初めて行く方は参考にしてください。一人旅でも楽しめる徳島の食べ物情報も紹介しています。

鳴門公園内の「渦の道」で体験できる、鳴門の大きな渦潮は必見です。どこに旅行しか迷っている方は是非行ってみてくださいね。

阿波おどり(毎年8月12日~15日にかけて徳島駅周辺で開催されるお祭り)を見物しに行く予定の方は、早めに宿泊先や移動手段を確保してください。期間中は全国各地から人が集まり予約が困難になるとのことです。ということで、いつも一人旅の行き先をギリギリに決めがちな私は行ったことがありません。

新幹線での行き方

徳島には新幹線が通っていないので、最寄り駅から在来線を利用することになります。簡単なのは、新幹線で岡山駅まで行き、特急うずしおで徳島へ。しかし、特急うずしおで岡山駅から徳島駅までの直通は一日に2本しかありません。

本数が多いのは、岡山駅から瀬戸大橋線快速マリンライナーで高松駅、高松駅から特急うずしおで徳島駅へ行く方法です。

徳島駅前からは、鳴門公園への路線バスが出ています。所要時間は約1時間20分。鳴門公園だけ行きたいという方は、高速バスで直接向かう方が早いです。大阪や神戸から、鳴門公園口に停車する高速バスが出ています。

徳島駅の駅弁情報を少し。

徳島名物を堪能したいならば「徳島食べくらべ」を。阿波尾鶏と徳島牛の2つを一度に味わえます。阿波尾鶏、徳島牛それぞれの駅弁も売っているので、どちらかをガッツリ食べたいという方もご安心ください。

<追記>
残念ながら、2016年の秋ごろから徳島駅で駅弁は販売されていないとのこと。復活を期待して、上記の内容はそのままにしておきます。

<関連記事>
新幹線での一人旅にオススメの方法

飛行機での行き方

東京・九州方面からは、飛行機で徳島阿波おどり空港(徳島空港)まで行くことができます。徳島阿波おどり空港までの所要時間は以下の通りです。

  • 東京の羽田空港からは1時間15分
  • 九州の福岡空港からは1時間

空港からは、徳島駅前へのリムジンバスがでています。所要時間は約30分で片道料金は440円。鳴門線の路線バスに乗れば、鳴門公園に行くことも可能です。

空港にはレストランがあるので食事も可能。徳島名物の徳島ラーメンや阿波尾鶏、阿波牛などを食べることができますよ。ちょっと変わったものを食べたいならば、リッチバーガーファクトリーの「熟成100時間カレー」を食べてみてください。

徳島阿波おどり空港への飛行機を運航している航空会社は以下の通りです。

  • 羽田空港:JAL、ANA
  • 福岡空港:JAL

ANAやJALのダイナミックパッケージを予約すると、航空券とホテルを別々に予約するよりもトータルの料金が安くなるだけでなく、レンタカーなどのオプションをお得に付けることもできますよ。

<関連記事>
ANAで国内男一人旅のオリジナルプランをつくる
飛行機での一人旅にお得な3つのパック