高崎駅へ一人で行く手段

一人で群馬へ新幹線・飛行機を利用しての行き方です。高崎駅への行き方を中心に書いているので、遠方から一人で初めて群馬に訪れる方は参考にしてください。

新幹線での行き方

高崎駅には新幹線が停車するので、一人旅でも行き方に迷うことはないと思います。東京駅から高崎駅へは、上越新幹線「たにがわ・とき」や北陸新幹線「あさま・はくたか」で約1時間。高崎駅に停車しない列車もあるので、乗車時には気をつけてくださいね。

群馬の駅弁情報を少し。

高崎ならではの駅弁といえば、高崎の名産を容器に使用した「だるま弁当」が有名です。赤いダルマの容器を開けると、中には山菜や鶏肉などのおかずがギッシリと入っています。醤油味で炊いたご飯も絶品。食後は容器が貯金箱に変わるという優れものです。

醤油味で炊いたご飯で、もうひとつオススメなのは陶器に入った「峠の釜めし」です。JR信州本線の横川駅の駅弁として物凄く有名。空き容器でご飯を炊くと美味しく、植木鉢に再利用する方もいるようです。

峠の釜めし

JR高崎駅東口のイーサイト高崎にある「峠の釜めし本舗おぎのや 群馬の台所」では、店内で食べることもできます。駅弁よりは小さいサイズですが、他にもおかずがあるのでかなり満腹になります。2014年に訪れた時は、上州牛(群馬のブランド牛)のローストビーフがセットになった御膳をいただきました。

釜めしと上州牛

泊まり旅を予定している方は、新幹線の往復切符と宿泊先のセットを利用するとトータルの旅費が安くなりますよ。高崎駅前周辺にホテルを予約して、駅弁を是非食べてみてくださいね。

<関連記事>
新幹線での一人旅にオススメの方法

飛行機での行き方

群馬県には空港がないので、最寄りの空港から行くことになります。全国各地から直行便がある「羽田空港(東京)」が便利かと思います。

羽田空港からは、前橋・高崎エリアへのバスが出ています。羽田空港第1ターミナルから高崎駅東口へは約2時間40分、片道運賃は3,600円です。他には、東京駅まで移動して新幹線で高崎駅に向かう方法もあります。

ちなみに、県庁所在地の前橋と高崎は近い距離にあります。高崎駅から前橋駅へは、JR両毛線で約15分・片道運賃は200円です。

自動車の運転免許を持っている方は、レンタカーを借りて県内をドライブしてみてはいかがでしょうか。ANAとJALの航空券+宿泊パックならオプションに付けることもできますよ。

桐生市には幅が広いうどん、太田市には昔ながらの焼きそばが待っています。温泉街などに行く際にも車があると楽に移動することができますよ。

<関連記事>
飛行機での一人旅にお得な3つのパック
ANAで国内男一人旅のオリジナルプランをつくる