博多駅へ新幹線・飛行機でのアクセス

一人で福岡県へ新幹線・飛行機を利用しての行き方です。九州旅行の拠点にもなる博多駅へのアクセスを中心に書いているので、遠方から初めて福岡に訪れる方は参考にしてください。

一人旅でも楽しめる福岡の食べ物情報、新幹線・飛行機の料金がお得になる簡単な方法も合わせて紹介しています。

新幹線での行き方

福岡県には、新幹線の停車駅が「小倉、博多、久留米、筑後船小屋、新大牟田」の5駅あります。そのなかで、観光地へのアクセスが良いのはもちろん博多駅。初めての方はぜひ利用してください。

夜の博多駅

アクセスが良いだけでなく、日本最大級の駅ビルであるJR博多シティも魅力的。個人的には観光地と言ってもいいぐらい楽しい場所なので、いつか一日かけてゆっくり見たいと考えています。

東京・中部・関西・中国地方から、博多駅までのだいたいの所要時間は以下の通り。新幹線のぞみを利用した場合です。

  • 東京駅からは約5時間
  • 名古屋駅からは約3時間20分
  • 新大阪駅からは約2時間30分
  • 岡山駅からは約1時間40分
  • 広島駅からは約1時間10分

大分県や宮崎県に行く方は、小倉駅で特急に乗り換える方法もあります。博多駅の所要時間から15分程、差し引いた時間が小倉駅までの所要時間です。

明太子とお酒が好きな方は、「博多なかなか」を。干した明太子は味がギュッと凝縮されていて、お酒がすすみます。博多駅ビルで購入したときは、試食もすることができました。一度食べてから納得して購入してください。

博多なかなか

飛行機での行き方

福岡県には、「福岡、北九州」の2つの空港がありますが、北九州空港への直行便は羽田(東京)と小牧(愛知)からしかないため、多くの方が福岡空港を利用することになります。

福岡空港

福岡空港へは、全国各地から直行便があります。主要空港から福岡空港までのだいたいの所要時間は以下の通りです。

  • 関東:東京の羽田空港からは1時間55分
  • 関西:大阪の伊丹空港からは1時間10分
  • 中部:愛知の中部国際空港からは1時間25分
  • 四国:愛媛の松山空港からは50分
  • 沖縄:那覇空港からは1時間45分
  • 東北:宮城の仙台空港からは2時間5分
  • 北海道:新千歳空港からは2時間35分

九州の他の県への直行便がない、東北地方や北海道にお住まいの方は、福岡空港が九州旅行の拠点になると思います。空港出発の高速バスが、佐賀・大分・熊本方面とあるので他県にも移動が便利。博多駅に移動すれば、さらに選択肢が増えます。

福岡空港は、福岡の中心部・博多駅へ地下鉄で約5分とアクセスがもの凄く良いことで有名。空港は中心部から離れているイメージが強かったので、初めて福岡空港を利用した時には驚きました。

空港にはレストランがあるので食事も可能。お店の数が多いのでどれにしようか迷うくらいです。九州のお土産も豊富な数が揃っているので、帰りは空港に余裕を持って到着することを強くお勧めします。私は福岡空港を利用する時は、空港でお土産を買うのが定番になっています。

福岡定番お土産といえば「博多通りもん」

博多通りもん外箱

白あんを生クリームとバターを使用した生地で包んだ、和洋折衷のお饅頭。しっとりした食感も好評なので、私は毎回お土産に買います。

博多通りもん中身

九州旅行をお得に楽しむ

移動手段(新幹線・飛行機)とホテルは、まとめて予約することをお勧めします。九州は観光客に人気のスポットなので、各社チカラを入れていて、別々に手配するよりも大幅な割引がされていることが多いです。

新幹線を利用して博多駅に行く場合は、新幹線+宿泊セットがオススメです。まとめて予約することで、新幹線切符が特別割引料金になります。

飛行機を利用して福岡空港に行く場合は、ANAやJALの航空券+宿泊パックがお得。オプションにレンタカーやJRフリーきっぷを付けることもできるので、九州内を色々まわる予定の方には特に便利です。

福岡空港の撮影スポット

<関連記事>
新幹線での一人旅にオススメの方法
ANAで国内男一人旅のオリジナルプランをつくる
飛行機での一人旅にお得な3つのパック