デオドラントとは何者?汗は抑えられる?

最近、デオドラントクリームやデオドラントスプレー、デオドラントシートといった体臭をケアするメンズ製品が数多く出ていますよね。カバンに入れておいて、汗をかいた時やニオイが気になるときに使用する方も多いことでしょう。

人によって愛用しているものが違いますよね。個人的なことですが、昔はスプレータイプをよく使用していましたが、今はクリームタイプの方が好きです。自分で直接塗った方が、より効果がでるように感じるからです。

普通の男性も身だしなみの一つとして、日常生活で当たり前のように使っているデオドラント製品ですが、素朴な疑問がでてきました。

デオドラントってなに?

同じように、意味を知らずに使用している男性はきっと多いはず。そこで、デオドラントについて考えてみました。

デオドラントとは、日本語にすると防臭剤や脱臭剤とのこと。体の臭いを抑えるためのものなんですね。日本語で表現しないのは「デオドラント」の方がオシャレな感じがするから?

もっとちゃんとした理由があるのかもしれませんが、ここではその事については触れません。それよりも気になることがでてきました。

汗は抑えられないの?

汗をかいた時によく利用していましたが、臭いを抑えることができても汗を抑える効果はデオドラントにはないとのこと。では、汗をかいた時に使っても意味がないのかというと、そうとも限らないようです。

デオドラント製品のなかには、制汗効果を持つタイプが多く販売されているからです。実際、自分が持っているものをみると「制汗デオドラント」という文字を発見。知らず知らずのうちに、臭いと制汗の両方をしてくれていたことが分かりました。

アナタが使用しているデオドラント製品はどうでしょうか?

汗を抑える目的で使っているのに効果が全く感じられないという方は、一度見直してみてください。もしかしたら制汗効果がない製品を使用しているかもしれませんよ。

デオドラント製品を購入する時には、響きに惑わされずに効果をみて決めましょう。お店でなら製品を手に取って裏面をしっかり確認、通販サイトの場合は全体をよく読むと、無駄な買い物をしなくて済むのではないでしょうか。

漢字に比べてカタカナは響きが良いですが、実際の意味が分からず使用しているものが多いなと改めて感じました。

メンズケア商品関連でいえば「オーガニック」や「アンチエイジング」等も意味が分かりづらいですよね。疑問に思うキーワードがあれば、自分で少し調べる癖をつけると良いのかなと思います。今はネットで検索すればすぐ情報が得られますからね。間違った情報にはお気をつけください。

<関連記事>
30代からの男の身だしなみ