右下4番の歯を失いました

2016年冬、とても残念なニュースが報道されました。

「元プロ野球選手の男が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕」

このニュースが連日世間を賑わせています。プロ野球で4番バッターとして長く活躍された人です。数々の功績を残し、多くの人を感動させてくれた憧れの人が逮捕されたことはショックな出来事でした。

まさか・・・。なんとも言えない気持ちになりました。

私が小さい時は西武黄金時代。ホームランを打つ4番バッターの姿は野球少年だけでなく、みんなの憧れでした。

この出来事により失ったものは大きいです。甲子園歴史館に展示されていた、ユニホーム・帽子・バットは撤去されました。憧れの人から、世間の見る目は一気に変わりました。覚醒剤はスターでも勝てない恐ろしいものなのでしょう。

「絶対に手をださない」

改めておもいました。

人生というのは何が起こるか分かりません。良い悪いは自分で判断しなくてはなりません。できれば良いことが多く報道される世の中であってほしいものです。

昨日、私自身も4番を失いました。もう失うのは覚悟していましたが、いざいなくなると変な気持ちです。

最後はとても痛かった。

もう二度とこんな経験はしたくありません。

失ったものは「右下4番の歯」です。

歯茎が大きく腫れたのが原因で、半年前にも同様なことがあったので、抜歯をしたのが昨日の夜。(前回も今回も疲れを感じているときに発症しました)

歯茎の腫れを抑えてからの抜歯だったので、痛み止めと抗生剤の薬を1週間程飲んでいました。歯医者に行く前に痛み止めの薬を飲んだせいか、麻酔をしてもあまり効かず。激痛の中、今まで食生活を支えてくれた4番はいなくなりました。

今日抜歯後の消毒で再び歯医者へ。これからブリッジという治療をします。ブリッジをするためには、手前の健康な歯の神経まで抜かないといけません。保険適用されるそうですが、出費も否めません。

失ってからでは遅いです。みなさんも自分の体を大事にしてください。精神と肉体の両方が健康でないと人生は楽しめません。ちょっとおかしいなと思ったらすぐ専門家に診てもらうべきです。歯の病気は時間が解決してくれないことを身を持って体験しました。

30歳になってから、よく歯医者に通っています。歯医者通院を趣味にはしたくない。歯磨きを面倒だと思って日頃から適当にゴシゴシしている方はご注意ください。大きな問題がいつ自分の身にやってくるか分かりません。

<関連記事>
ブリッジの費用(歯の治療)は高い
30代からの男の身だしなみ
30代の男の悩みを解決