クレジットカードの見栄えは気にするべきか

クレジットカードを選ぶときに見栄えは大事なのか。無趣味男(30代男性)の今までの人生経験から、クレジットカードにステータス(社会的地位)を求める必要性があるのか、独自の観点で考えていきます。

ゴールドカードやプラチナカードを持っていると大人の男性という感じがしますよね。ブラックカードを持っている人はほんの一握りなので憧れますよね。

持っているクレジットカードで、どれぐらいの地位や収入があるか判断をする人もいます。

まだ親しくない女性と食事後、お店で支払う時にスッと出したクレジットカードが、プラチナカードだったら一目置かれることでしょう。

久しぶりに会った友人との飲み会後、「俺が支払う」と言ってブラックカードが出てきたら、仕事ができて収入が多いのかとビックリされるかもしれません。優越感に浸ることができます・・・。

はい、ここで妄想は終わりにします。

ほとんどの男性は、このような経験をしたことがないと思います。少なくとも私はないです。どんな時に見栄えが役に立つか、頑張って考えてみました。

「親しくない人」、「久しぶりの人」に対しては、クレジットカードのステータスは効果がありそうです。逆に、普段会っている人に対してはどうでしょうか。

会社の同僚や後輩の前で出した場合、あまり効果がないように思います。クレジットカードで無理をしても給料がある程度分かりますからね。興味は持つかもしれませんが、その場限りです。下手をしたらネタにされます。

もちろんビジネスの場面で必要な場合もあります。取引先との会合でクレジットカードの話がでるかもしれません。社会的信頼にもなるので、話についていくために社長や管理職なら1枚は持っておくと良いかもしれません。

結論としては、相手に自分を認めてもらいたい機会が多い人は持つべき。出すときは、TPO(時間・場所・場合)をわきまえることが大切です。

私のような庶民は、クレジットカードにステータスを求める必要は今のところないのかなと。見栄を張るだけのために、入会金や高い年会費を払うのはお金の無駄遣いですからね。

30代はゴールドカードを1枚ぐらい持っておいた方が良いのかなと悩んで、今回は「見栄え」をテーマにしました。40代・50代になって、今後この考え方は変わるかもしれません。

今は、年会費無料のお得なクレジットカードで十分満足。カード払いで貯まったポイントを上手く活用して、人生を楽しもうと思います。

同じように見栄えを気にして、クレジットカードを選ぼうとしている方の参考になったならば幸いです。

<関連記事>
ケチな男がおすすめするクレジットカード
30代からの男の身だしなみ
髪の悩みは男性で30代なら色々