九州の王道観光地を弾丸一人旅

一人で九州を駆け足でまわるのに便利な九州新幹線。九州新幹線なら、福岡県の博多駅から鹿児島県の鹿児島中央駅までを約1時間半と、短時間で九州の北から南を縦断することが可能です。九州新幹線に乗るのも良い思い出になりますよ。

例えば1泊2日の一人旅でも、福岡では太宰府天満宮、鹿児島では西郷隆盛をみて、美味しい食べ物を食べることができますよ。

福岡空港からのアクセスも良い博多駅には、巨大な駅ビル「JR博多シティ」があります。初めての方は駅ビルを散策するだけでも楽しめるはず。福岡名物を提供している飲食店もあります。

学問の神様として有名なパワースポットの「太宰府天満宮」へは、博多バスターミナルから太宰府駅へのバスに乗るのが簡単。乗り場が分からなくて困ったら、自分で探すより案内所で聞いた方が早いです。

太宰府天満宮

福岡のランチでは「博多ラーメン」を食べておきたいところ。天神周辺に有名店が多いですが、お腹が空いたタイミングでフラッとお店に入り、本場のトンコツラーメンを体験するのも良いのでは。

福岡の博多ラーメン

福岡のホテルに泊まるなら、夜は「もつ鍋」で一杯。鍋料理は二人前からが一般的ですが、本場は一人旅の観光客にやさしい一人前から提供しているお店があります。全てのお店ではないので気をつけてくださいね。

博多名物のもつ鍋

鹿児島のホテルに泊まるなら、夜は「黒豚料理」で一杯。しゃぶしゃぶやトンカツで、西郷隆盛が愛した黒豚をいただきましょう。幕末から食べられているのにはちょっと驚きですよね。

鹿児島黒豚トンカツ

鹿児島観光は、鹿児島中央駅を拠点にすると便利。天文館や城山周辺を散策しましょう。「西郷銅像前」という名前のバス停もあります。バスを降りると巨大な西郷さんが。

鹿児島にある西郷隆盛像

鹿児島でのランチは「鹿児島ラーメン」を。博多とは違うトンコツラーメンを味わうことができますよ。ラーメン屋でお漬け物がでるのも鹿児島ならでは。

鹿児島ラーメン

旅行日程に余裕があるなら、レンタカーを借りて九州を縦断。気の向くままに行動ができるので、現地での急なプラン変更にも対応できます。

遠方からの便利な移動方法

羽田空港や伊丹空港、中部国際空港を利用して、飛行機で九州に行く方はANA(全日空)のパックを利用しましょう。

行きの到着空港を福岡空港、帰りの出発空港を鹿児島空港にすれば、わざわざ戻る必要がないので移動時間とお金の節約になります。両方の区間を運航しているANAだからこそできる方法です。

博多駅までまた戻ってきたいという方は、新幹線切符と宿泊先のセットを。

博多駅から鹿児島中央駅の往復切符と鹿児島のホテルをまとめて予約できます。セットをお勧めするのは別々に予約するより安いからです。旅費はなるべく安い方が良いですよね。

<関連記事>
一人旅を安く済ませるコツ
ANAで国内男一人旅のオリジナルプランをつくる
新幹線での一人旅にオススメの方法