金沢駅で一人でもお寿司を食べやすいお店

金沢に行ったら必ず食べたいのがお寿司。観光客にとても人気で、金沢駅周辺のお店では外に行列ができているほど。でも、一人でも北陸の食材を使用した美味しいお寿司を食べたいですよね。

一人お寿司にピッタリの場所があります。金沢駅から徒歩圏内。美味しくて北陸の新鮮なネタも豊富なので、是非行ってみてくださいね。一人におすすめの3つの理由もあります。

お店の名前は「もりもり寿司金沢駅前店」

もりもり寿司

一人におすすめの理由その1

金沢駅東口にある金沢フォーラス6Fにお店があります。フォーラスは大きな建物なので、方向音痴のかたでも迷わず見つけることができます。方向音痴の私でも大丈夫でした。

道に迷わないが一人におすすめの理由ひとつ目です。一人で道に迷うと、もう面倒だからやめようとなりますよね。私は良くあります。

一人におすすめの理由その2

一人におすすめの理由ふたつ目は注文方式。

もりもり寿司は、金沢発の本格回転寿司ですが、タッチパネルで注文することもできます。タッチパネルでは内容や注文状況も確認できます。

板前さんを呼ぶタイミングは意外と難しいですよね。呼んでいるのに聞こえていない。一人では耐えられませんよね。

もりもり寿司はタッチパネル式

何を食べようか迷ったときにはセットメニュー。初めての来店時は、金沢名物が何かよく分からなかったのでとりあえず「北陸」や「金沢」と付くものを頼みました。

もりもり寿司で、私が食べて良かったベスト3をご紹介します(時期によってメニューが変わるようなのでご参考までに)

第三位は『金沢名物のど黒三点盛』

金沢名物のど黒三点盛

のど黒握り・づけ握り・塩炙りの3貫セット。金沢名物=ノドグロのイメージは強いですよね。高級魚としても有名なノドグロですが、現地まで行ったのなら食べてみてください。

あまり良い舌を持っていないので、他の魚と何が違うのかと言われると困りますが、強いて言えば達成感。ノドグロを食べて、金沢に来たんだなと実感しました。

第二位は『北陸五点盛』

北陸五点盛

のど黒・生梅貝・がすえび・白えび・ほたるいか黒造りの5貫セット。こちらは北陸の海の幸を一度に楽しめます。1貫ごとに特徴が異なるので、味わっていただきました。

第一位は『香箱かに汁』

香箱かに汁

香箱かにはズワイガニの雌のことです。ズワイガニに比べて安いですが、卵や味噌が絶品。お汁にして食べると、美味しさがより分かります。

香箱の裏は卵

香箱かには県外にはあまり出回らず、漁期も11月上旬から年末までと限られています。冬の金沢に行ったら、季節限定食材を堪能してくださいね。

お汁を食べると、心だけでなくお腹も満たされます。のど黒のあら汁や白身のあら汁、うどんなどもメニューにはあったので、『お汁を一品頼み、お寿司を味わう』食べ方がオススメです。

美味しいからといってついつい食べ過ぎると、庶民のお財布は耐えられなくなます。あまり頼んでいないつもりでも数千円がかるく飛んでいきます。お金持ちは贅沢に食べてください(笑)

一人におすすめの理由その3

このお店を一人お寿司に選んだ最後の理由が、立地の良さです。

回転寿司のもりもり寿司は人気店なので行列は必須です。平日の18時前に行ったときも20分程待ちました。休日は何時間待ちも珍しくはないとのことです。

そんな時は、もりもり寿司の回らない寿司屋を覗いてみてください。同じフロアにあるので、空いていてるかどうかもすぐ確認できます。

コチラに訪れたときは、回転寿司は行列ができていましたが、すんなり入ることができました。男一人ということで気を遣っていただいたのか窓側の席に案内されました。

回らないもりもり寿司

注文したのは、『金沢名物かにみそ丼』

金沢名物かにみそ丼セット

蟹の身やイクラが周りを彩り、華やかな海鮮丼が運ばれてきました。カニ汁が付いてくるのもまた嬉しい。子供の頃は苦手だったカニミソ。大人になった今では好物です。

騒がしいのが嫌い+海鮮丼が好きな私としてはこちらの方が、落ち着いていて好きです。回転寿司は自分が並んだからこそ、後ろに人が待っているいるという見えないプレッシャーがありますが、急いで食べる必要がありません。

寿司の盛り合わせもメニューにはあったので、海鮮を食べたいという方は回らないお店も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

かにみそ丼

金沢寿司以外の選択肢も豊富

金沢駅周辺なので、お腹が空いて我慢できないときは他のお店で金沢名物を食べることができます。実際、私もお寿司を諦めて別の名物を食べたことがあります。

例えば、金沢駅の改札すぐ近くにある、金沢百番街(ショッピングモール)には「8番らーめん」がはいっています。

8番らーめん

8番らーめんは、石川県を中心に展開するラーメンチェーン店。北陸のソウルフードとも呼ばれる、幅広い層に愛されているラーメン屋です。

野菜らーめん塩

食後はスーパーでデザートを調達。金沢の鉄板焼専門店・ステーキハウス六角堂の濃厚プリンは美味しいですよ。

六角堂プリン

急な予定変更をできるのが一人の魅力。誰かと言ったら相手のことも考えなくてはいけませんからね。自分の意志で自由に動けるのは楽ですよね。

お値段で考えると、ラーメン+デザート < 北陸五点盛。

でも、金沢に行ったらお寿司を必ず食べたいという方は、早めの行動と心の余裕が大事です。狙い目は開店直後。開店前に並んだほうが良いです。

<関連記事>
石川名物を一人で食べられる場所
新幹線での一人旅にオススメの方法
一人旅を安く済ませるコツ