男性の臭いには種類がいろいろある

全く嬉しくはありませんが、大人の男性のニオイは種類が豊富ですよね。

それも当然。頭皮、口の中、足、ワキ・・・人間のカラダには臭う場所が色々あります。体全体から出る体臭もあります。汗をかくとニオイが強烈ですよね。

どこかしらが正常でないから、悪臭がでることは分かっていても改善することは一般人には難しいですよね。原因がよく分からないので。

男性のニオイは一言で「臭い」と表すことが多いですが、何かに例えた色々な表現のされ方もあります。化学が苦手な運営者にとってはありがたいことです。ニオイの原因である化学物質を言われてもピンとはきません。

しかし、よくよく考えてみると意味が分からないものもあるなと思いました。

まずはイメージしやすいものを。

  • アリルメルカプタン
    ニンニクの臭い
  • イソ吉草酸
    納豆のような臭い

アリルメルカプタンは口臭、イソ吉草酸は足の臭いを表現する時によく使われますね。普段食べているものなので、うんうんと納得できます。逆に、アリルメルカプタンやイソ吉草酸がすると言われても多くの方は理解できないですよね。

分かるようで、実はあまり臭いを知らないもの

  • 硫化水素
    卵が腐ったような臭い
  • メチルメルカプタン
    タマネギが腐ったような臭い
  • トリメチルアミン
    魚が腐ったようなニオイ

口臭などで表現されることがある例えですが、腐ったものを嗅ぐ機会はあまりないですよね。共感できるのが、辛うじてトリメチルアミンぐらいではないでしょうか。

これは代表的な一例。臭いに関する例えは本当にたくさんあります。特に口臭に関する独特な例えが多いなと個人的には感じています。口の中は記憶に残りやすいので、イメージもしやすいからですからね。

興味のある方は、口臭や体臭ケアの商品を探してみるとすぐ見つかりますよ。キャッチコピーとしてよく大きな文字で書かれていることが多いです。人間の想像力はすごいなと感心させられます。

なぜ、『臭いの種類』をここでのテーマに選んだかというと、暑い季節は色々なニオイがするなと感じたからです。イベントや電車などの人が密集している所に行くと、ニオイが混ざって何ともいえない空気が充満。

これはAとBのニオイを足したからかと、現実逃避をしながら我慢している時に例えを使っていることに気づいたので、せっかくなので取り上げてみました。

人それぞれ好きな匂いはありますが、不快な臭いはほぼ共通していますよね。30代以上の大人な男性は、臭いに人一倍気をつけなければいけないなと改めて感じた2017年夏でした。

<関連記事>
30代からの男の身だしなみ