しくじった先生から学ぶ

無趣味男にも、好きなテレビ番組があります。
この番組をみるのが、ちょっとした趣味です。

ご存知ですか?
テレビ朝日系で放送されている「しくじり先生 俺みたいになるな!!」
今抱えている悩みがあるなら、解決の手助けになると思います。

この番組のすごいところは、著名人が自身の失敗談を話すこと。
ちょっとした失敗のように笑ってすむような失敗ではなく、人生での大きな失敗を本人が先生となって直接話してくれます。

自分の知られたくない過去を話すというのはつらいです。
私も他人に言いたくない過去の失敗はあります。
それを伝える勇気はありません。

みんなが知っている著名人がこの恥ずかしいことをするからこそ、強く印象に残ります。

「俺みたいになるな」と、おもしろい構成で話を進め、心に響く言葉をかけてくれます。
笑いながらも最後には勇気づけられている、頑張ろうとおもわせてくれる番組です。

過去にでた名言を少し紹介します。

元モーニング娘。(アイドルグループ)の保田圭さんが話してくれた言葉です。
自信を失ってしまった人に聞いてもらいたい名言として番組では紹介されていました。

「人それぞれその人にしかできない役割が必ずある」
素晴らしい言葉ですね。
私にしかできない役割とはなんだろう?

この言葉も良いですが、私の胸に響いたのは話の中に出てきた「必ず見てくれている人はいる」という言葉。
よく聞く言葉かもしれませんが、保田さんがそれを言ったからこそ、私には響きました。

保田さんがアイドルだった時のモー娘といえば、すごい人気がありました。
今でいうAKBのような存在というと、若い人にはイメージできるでしょうか。

私もよく別の人を目当てにテレビをみていました。
失礼を承知で書きますが、当時の保田さんはおもしろい人という程度の存在でした。

それから10年以上たった現在、テレビ番組で一番みかけるのは保田さんです。
昔の保田さんを知っているからこそ、その一言に重みが増します。

続いては、堀江貴文さん。

異端児として一躍注目を浴びました。
現在はロケットの開発に関わっている方です。
出来事をあげただけで只者ではないことが分かります。

  • プロ野球の球団とニッポン放送を買収しようと試みる
  • 総選挙に立候補
  • 証券取引法違反の容疑で逮捕

名言は、しくじりを恐れて新たな一歩を踏み出せない人に聞いてもらいたい言葉。
「過去にとらわれず未来に怯えず今を生きろ」

「しくじってもマイナスにはならないゼロになるだけだ」
堀江さんが言うと説得力があります。
常に前を向いて生きている方なんだなと感じました。

私は、よく過去について考え、後悔することも度々あります。
そんな私に堀江先生の授業は響きました。

「一生懸命やっていないから未来を不安に思う」

悩んでいる時間を、どうしたら良いのかを考えて行動する時間に当てたら、色々なことをやれそうな気がしました。

私が他の人よりグズグズしている時間が長いからなんですけど・・・。

私ほどひどくはなくても、躊躇している時間がある人は、今を生きることを考えてみてはいかがでしょうか?

暗いニュースばかりが報道され、明るい未来を想像することが難しいのが現実です。
でも、未来は明るいと自分自身が思うだけでも、日々の出来事に幸せを感じるのではないでしょうか。

やりたいことはあるけど、失敗したら人生が終わると悩み続けている人に勇気を与えてくれる授業でした。

<関連記事>
髪の分け目が薄い男性は早急に育毛対策を開始すべき
30代からの男の身だしなみ
髪の悩みは男性で30代なら色々