ストレスが溜まっている時に書店で手にとった本

最近、ストレスが溜まりに溜まって、おかしくなりそうな日々が続いていました。私と同世代の30代独身男性の多くの方には共感していただけることでしょう。

ストレスの原因は仕事関係。

仕事量が多いだけでなく、短気な性格が災いし職場の人間たちと接しているとイライラばかり。意見を言っても聞き入れられず、逆ギレをされる始末。

もう仕事辞めようかな。

でも、辞めると収入なくなるし、他にやりたいこともないしな。

とりあえず本でも買って読もう。

個人のどうでも良いことですが、本を選ぶときはネットよりも書店派です。多くのモノがネットで手に入れられる時代ですが、書店はなくさないで欲しい。その想いから、本はお店で直接購入しています。

書店に足を運び、目に留まった一冊の本。タイトルが今の自分にピッタリでした。キャッチコピーを考える人は凄いですよね。なぜ私の今の気持ちを知っているのか。

「頭に来てもアホとは戦うな(田村耕太郎・朝日新聞出版)」

思わず本を手に取ってしまいました。最初の方をパラパラ読んでみると、面白そうだったので購入。休日を利用して早速読んでみました。

なるほど!となったところ、難しい言葉や内容で自分には関係ないなとサラっと読み飛ばしたところ、色々ありましたが読んでみて良かったかなと思います。

自分が購入したキッカケになったのは、<アホと戦う可能性がある人物の特徴>の部分を立ち読みして、ほぼ自分となったからです。5個中4個も当てはまりました。

  • 正義感が強い
  • 自信にあふれる
  • 責任感が強い
  • プライドが高い
  • おせっかい

(出典:頭に来てもアホとは戦うな)

アナタはどうでしょうか?

おそらく、当サイトに足を運んで来てくださったということは私と似ているはずと勝手に思っています。これを書かれたら続きが気になってしまいますよね。

著作権の問題もあるので本の内容を詳しくは書きません。私の意見よりも実際に読んでいただいた方が、タメになるとも考えています。

今までの自分の行動を反省しました。

冒頭にも書きましたが短気な人間です。嫌なことがあった時に、すぐ言葉を返していましたが、グッと我慢しようと心に決めました。アホには言ってもムダですからね。

ただし、我慢するだけでは心が持たなそうなので、Excelでイライラしたことを書いて発散しようかなと考えています。もちろん誰にも見られたくはないのでパスワードをかけて。

あとは、相手の立場になって接してみようかなと。

相手も考えがあるから、自分が一歩引いて話を聞いてやろう(心の中では上から目線)と思います。明日の仕事がちょっと憂鬱ではなくなりました。

そもそも人生は理不尽なもの。相手に対して期待をしているからストレスが溜まっているんだなと本を読んで感じました。カッときたら幽体離脱(笑)

本を読んだことのある方なら、大事さをお分かりいただけることでしょう。

12月に入り、冬も本番。コタツに入りながら、心も体もリラックスできた休日でした。冬は読書にはまるかもしれません。まだ1冊目ですが・・・。

<30歳から男性は大変>
髪の悩みは男性で30代なら色々
育毛剤を初めて買う男性が注意するポイント
髪の分け目が薄い男性は早急に育毛対策を開始すべき